TOPICS 2005 ▲
このページの画像はクリックしても拡大しません
2006.2.19 地区登録審査
平成18年度の地区登録審査が、国際交流センター・団体活動ルームにおいて一日かけて実施されました。
本格的な電子ファイルによる登録処理も今年で3回目となり、作成するほうも審査するほうも熟練を重ねてきたせいか、昨年に比べて、ほとんどの団がスムースな提出と審査がなされました。
73号の『たまがわ』にて、今年の登録の概要傾向が報告されます。詳しくはそちらをご覧ください。
2006.1.28-29 白梅隊結隊式
第35期結隊式が黒川野外活動センターにおいて実施されました。
前週、首都圏を襲った積雪の中、参加したスカウト・リーダーは、池村隊長の指揮により身の引き締まる緊張の元、20名のスカウトが3班に分かれて訓練を開始しました。ドリル訓練、国旗掲揚、面接、ソング練習、GB任命などが1泊2日の日程で行われました。
同隊は、班集会、隊集会を重ね、3/25-28の御所見の森における野営訓練まで一連の活動が予定されています。
(写真・記事提供 54団 西谷氏)
2006.1.21 ニューイヤーパーティー
毎年恒例のニューイヤーパーティーが、川崎市総合自治会館ホールにおいて開催されました。
90名以上の参加者があり各団の新年挨拶が交わされました。
今月より活動を開始する第35期白梅隊の隊長を勤める川崎第3団池村氏に隊旗の授与が行われました。昨年のボルチモア派遣隊境隊長よりの報告、第19期GATCの報告が栗田VS委員会委員長より行われました。また恒例のオークションもパーティー後半で行われ、地区賛助活動への資金として多額の収益を得ることができました。
2005.12.26 年末たすけあい募金寄贈式
市内各所で実施した年末助け合い募金により、100万円を超える善意の募金が集まりました。
ここに改めて募金に協力していただきました皆様にお礼申し上げます。
地域の福祉に直接役立てほしいという趣旨で、川崎市役所に阿部市長を尋ね、スカウトから小切手を手渡しました。川崎第22団のスカウト、リーダー、地区役員など総勢11名が参加しました。
なお、同時にガールスカウト川崎市連絡会からも同様に募金の寄贈が行われました。
2005.12.1-18 年末たすけあい募金
毎年恒例の年末たすけあい募金が市内各所で実施されました。
川崎第21団では、JR川崎駅東西自由通路と京急川崎駅構内において、総勢35名の参加により募金を実施しました。キャンプ・野外料理などで使ったてんぷら油の廃油1年分から製造した、廃油石鹸300個を募金していただいた方へのプレゼントとして好評の内に配布しました。
(写真・記事提供 21団 荻原氏)
2005.11.19-20 AKSC (全川崎指導者会議)
第20回AKSC(全川崎指導者会議)は、川崎市黒川野外活動センターを会場として、11月19〜20日の一泊二日の日程で、38名の参加者により開催されました。
特別講師にNHKの番組にも出演され、ロープ、ダッチオーブンで有名な小暮幹雄氏を向かえ、美味しいダッチオーブン料理と楽しいロープワークの実習を実施しました。また夜は、BP研究家でもある氏の、「BPを訪ねて」と題し、BPゆかりの地を実際に訪ねた体験を交えた興味深いご講演をいただきました。(小暮氏はBP研究でも著書を著しておられます)
2005.11.5-6 かわさき市民祭り奉仕
恒例の「かわさき市民祭り」が川崎区富士見公園を中心に開催され、主に川崎区のスカウト11名・リーダー20名、地区役員3名により、パレード、ミニ電気機関車コーナー運営、お祭り広場本部要員のそれぞれの部門で奉仕を実施しました。
(写真提供 30団 田中氏)
2005.9.19 かわさき縦断スカウトラリー2003→2005
毎年恒例の川崎地区ラリーは、川崎地区内の北部・中部・南部の区を縦断するかたちで、それぞれの区の所属団の持ちまわりにより開催され、本年は川崎区、幸区の6ヶ団の担当により、川崎区大師公園にて開催されました。約700名のスカウトとリーダーの参加のもと、各種コーナーの開設、スカウトの地区表彰式典など楽しい行事が繰り広げられました。
(写真提供 30団 田中氏)
2005.7.23-8.7 ボルチモア派遣隊
全スケジュールを無事終了しました。関係者のご協力に感謝いたします。

特別ページにより、全日程の活動の様子をご紹介しています。
2005.7.10 緑化推進事業
「ボーイスカウト神奈川の森づくり」10年計画の7年目を向え、県連50周年記念事業として丹沢山塊に植林した1500本の苗木も順調に育ってきました。今年は本事業の推進地区として横浜・川崎地区が担当、4地区23ケ団、スカウト151名、スタッフ28名の合計179名の参加者で実施予定でしたが、前日の激しい雨のため県連盟から午前零時ごろ中止指示が出ました。深夜の連絡のため川崎地区では参加各隊へ連絡出来ない状況にありました。翌朝は幸い天候も回復し下草刈が出来る状態になったため、現地本部の判断で来た隊のみ受け入れることとなりました。中止指示が出たこともあり、参加者は昨年の約半数程度でしたが、川崎地区からはエントリーした全ての団が参加しました。
2005.5.8 スカウト技能オリンピック'05
今年初めての試みとして「スカウト技能オリンピック」が開催されました。
多摩川河川敷48団集会場を会場として、ボーイ隊スカウト・スタッフ総勢180名が集い、2種目の全体競技と1種目の個人競技、11科目の班対抗競技により、日頃の訓練緒成果を発揮した熱戦が繰り広げられました。
詳しくは「たまがわ70号」をご覧ください。
2005.5.7 第16回ボルチモア市-川崎市スカウト交流派遣結隊式
今年で16回を迎えるボルチモア市のスカウトとの交流派遣隊の結隊式が 5/7 川崎市国際交流センター会議室において開催されました。今回は女子スカウト3名を含む17名のスカウトとリーダー6名という陣容での派遣が実現することとなりました。女子スカウトが派遣隊に加わるのは今回が初めて事になります。これに伴い2名の女性リーダーも参加します。結隊式の後、スカウトは第1回隊集会、両親は派遣にあたっての説明会を実施しました。
川崎のスカウトが世界に向かって活躍する場が、この夏も繰り広げられることを期待しています。
2005.4.10 平成17年度地区総会
本年度の地区総会が、4/10 川崎市国際交流センター・レセプションルームにおいて開催されました。
各団の団委員長、各隊隊長、地区名誉役員、地区役員、コミッショナー、各種委員会委員長の参加のもと、第1部において物故者への黙祷、地区褒賞授与、感謝状授与などが行われました。
第2部は総会議事として、役員人選の信任・昨年度の事業報告・会計報告・本年度の事業計画・予算案などの審議が行われたのち議決されました。
総会資料は、川崎地区の概況を知る上で基本となる資料です。団委員長、各隊隊長、団連絡所に各1部が配布されています。各隊活動の参考として参照ください。